読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元SEが工場に転職してみた

システムエンジニアとして働いてきましたが限界を迎え、工場に転職した人のブログ。既にセミリタイア状態なのかも?

SPONSORED LINK

工場に転職するまで その1

モトセがIT業界から工場に転職するまでの経歴です。

(1) 2009年4月 某大手N系のシステム会社に新卒で入社

(2) 2015年1月 中小のシステム会社Kに転職

(3) 2015年9月 中小のシステム会社Dに転職

(4) 2015年9月 無職

(5) 2015年9月 工場Aに転職(契約社員

(1)の期間は今思えば、非常に恵まれていたと思います。

大手だけあり福利厚生は抜群で、給与面も悪くなかったです。

ただ、大手システム会社であるため、年齢を重ねるとシステム開発よりも

お客さんと折衝するリーダの役割を求められます。

開発一本でやりたいと思っていた。また、リーダの役割は私には無理だと思っていた。

その為、中小のシステム会社に転職しました。

プロマネを目指す人にとっては良い会社だったと思います。

(2)の期間は苦しかった思い出しかないです。

入社した会社は派遣・請負会社だったので、

入社1週間も立たない内に、常駐請負として飛ばされました。

ここまでは良いのですが、なんとそこで待っていた役割はリーダ職でした。

\(^o^)/オワタ

前職でリーダがやっていた事を思い出しながら、頑張って続けていましたが、

プログラム書くよりもメンバーの予定管理に力を注いだりと

なんで俺こんな事しているんだろう?とふと思った事。

また、週替わり、酷いときは日替わりで仕事内容が激変!

しかも、未経験言語のシステムを丸投げされるなど。

土日に勉強するなどして対応していましたが、

なんでこんなにプライベートが無いんだと、半切れ気味で転職。

長くなってしまったので、(3)以降は次回にします。

自身の思いを文章にするの結構疲れますね。

広告を非表示にする